四十万人のベッドタウン|将来のことを見据えて魅力的な不動産を選ぼう
インテリア

将来のことを見据えて魅力的な不動産を選ぼう

四十万人のベッドタウン

男性

人口が爆発的に増えた市

昭和二十二年、大阪府の十二番目の市として枚方市は生まれました。当時は四万人だった人口も、高度経済成長期とバブル期の時代によって、およそ十倍にあたる四十万人と驚くべき増加をしています。現在では大阪府で四番目です。京都、大阪、奈良の境目にあるため、どこへ行くにも近いエリアです。おおよそ三十分から一時間以内に行けます。そのためベッドタウンとして発展してきたエリアです。大阪では不動産が高いという人は、ここに不動産を探すといいでしょう。ほんの一昔前までは、そのベッドタウンとしての人口増加を狙って大型ショッピング施設がたくさんつくられた時代もありました。しかし今では、地元のニーズにこたえた中小の商業施設が多くなっています。生活に必要な買い物なら、ここで不足するといったことはありません。

医師の数が多い市

枚方市は医療が整った環境のエリアでもあります。人口1000人に対して医師の数は2・45人。大阪平均の1・95人と全国平均の1・54人と比較すれば一目瞭然です。これはかなり多い数です。さらに1000人あたりの病床の数も大阪平均や全国平均を超えていて、枚方市では医療で困ることは少ないといえます。枚方は小中高が多く大学もそろっていて、それなりの成績であれば大学まで地元ですむため、学校にかかる費用は少なくすみます。家族連れの家庭がたくさんありますから、地域全体が見守られている安心感があり、子育てに向いているエリアです。小さな子がいる夫婦なら、ここに不動産を探してもいいでしょう。中心街から車で少し移動するだけで、静かな住宅街や緑の多い環境でもあります。自然が豊かで、田んぼや用水路で生き物を捕まえたりもできます。そういう場所で子供を育てたいと考える人なら、ここに不動産を買い求めてもいいです。